学祖 簡野道明
 簡野道明 小伝
ドイツ・フレーベルセミナー校との姉妹校締結
蒲田女子高等学校 有竹会
漢詩名作集(上)
漢詩名作集(下)
簡野道明 小伝
生いたち
 吉田町が誇る漢学者、簡野道明先生は、慶応元年、江戸八丁堀(東京都中央区八丁堀)の吉田藩の屋敷で生まれた。小さい頃の名前を米次郎といった。 祖父 吟右衛門に男の子がなく、女子二人のうち、姉に養子を迎えた。それが米次郎の父 義任である。 明治二年、五歳の時、版籍奉還により、一家を挙げて江戸を引き払って吉田へ帰った。家は御厩奥(吉田高校のあたり)の藩士の長屋であった。 簡野先生は六、七歳頃に父により文章の読み方や、習字を教えられたが非常に頭が良く、教えられる総てを身につけていった。 八歳になって小学校に入学された。当時の小学校は御殿を使っていたが、今の小学校と違って非常に程度の高い内容のものであった。たとえば唐の詩を読んだり、漢詩を作ったり、漢文を読んだり、作文したり等であった。毎月一度テストがあったが、いつも一番は先生であった。 当時、簡野先生の父は、小学校の教師をしていたが、用事で京阪方面に出張することがあった。学校を休むことはできないので、十一歳であった先生が、父に代わって教壇に立たされた。ところが驚いたことには、この少年教師が、父先生よりも教え方がうまいという評判であったという。 当時、先生が中心になって日本外史(頼山陽の書いた漢文の歴史書)の勉強をしていたが、仲間の浦尾惟正少年にはその書物が無かった。吉田じゅうを尋ねても見当たらない。そこで先生は「大洲にはその本があるから、買いに行ってやろう。」と浦尾少年と一緒に行くことを申し出られた。まだトンネルの抜けていない、険しい山道を越えて片道八十キロ余の道を歩かれたのであった。学問のためにはどんな苦労も厭わない先生の情熱と、仲間の為には苦渋を共にする友情の厚さに驚かされるのである。 また、食べている魚を裏返しにして「おや、こっちにも身がある」と言って喜ばれたという笑い話も残っている。 十四歳の時、課外塾という今の補習科のようなところに入り、漢学、数学等を勉強された。その時の教師は、主として森蘭谷先生と兵頭文斎先生であったが、漢詩を好んで作るようになったことは文斎先生の影響であったと思われる。  その後簡野先生は、東宇和郡白髭小学校の代用教員となられたが、年わずかに十六歳であった。
愛媛時代

 十八歳で小学校の先生を辞めて、愛媛県師範学校へ入学することになったが、これは「もっと勉強したい」という気持ちの表れであった。
 三津浜から師範学校まで、約八キロを人力車に乗られた。下りる時、あまり豊かでもない財布の中から、大変多くのお金を車夫に与えようとされた。一緒に行った友達が「そんなにやらなくとも・・・。」と言うのを先生は「いや、いや、そうじゃない。歩いても良い若い者が車に乗って老人に引かせている。せめて、その償いとお礼の印です。」と言われた。簡野先生の哀れみ深い人柄が良く出ている話であろう。
 師範学校の生活は、社会人として二年間も経験している関係もあって、他の生徒とは違って、大分大人びていたようである。日曜日などの散歩には、必ず大きな瓢箪に酒を入れて、腰にぶら下げて出かけられた。散歩して訪ねるところもたいていはお寺や神社であった。寺に行けば必ず住職に面会し、詩の分かる和尚であれば、詩について話し、お寺にある書画や古文書などを見てまわるのが、いつもの習慣であった。
 生徒は全員寄宿舎に入って生活していた。簡野先生は生徒でありながら舎監を命ぜられた。先生が成績と共に人物も優れていた事を学校の先生、生徒共に認めていたのであった。けれども当時の簡野先生は一向に勉強はされなかった。なのに、いつも試験の成績は飛び抜けてよかった。
 友達の中に「簡野は人の知らない間にやっているのだ。」という噂を立てる者がいた。その一人、石川金太郎と言う者が先生の行動を監視し始めた。そして、先生が消灯の後で机の下に豆ランプを隠して、こっそり勉強していることを発見した。得意になった石川金太郎は、四、五人の仲間を誘って、こっそりと部屋の障子の外に忍び寄って、そっと障子の紙を濡らして穴を開け、音のしないように気をつけて覗き込んだ。教科書か、参考書を読んでいることとばかり思っていたのに、彼の読んでいる書物は何だか分からない、見たこともない漢文の本であった。案に相違した石川たちは、翌朝、盗み見したことを言って謝り、あのとき読んでいた本は何かと尋ねた。先生は笑いながら「これだよ」と言って投げ出された書物、それは中国の「荘子」註という書物であった。 
 当時、簡野先生は良く習字をされていたが、それは自分のつくった漢詩を書かれていたらしい。しかし当時のものは一つも残っていないのが残念である。
 その頃「教育新論」という五冊の本が出て、大変評判になった。先生も買いたいと思われたが買うお金がない。そこで、人に借りて、丁寧にその本全部を書き写された。字も上手であったので大変立派な写本が出来上がった。友達は先生が大切に仕舞うだろうと思っていると、先生は、せっかく書き上げた写本をバラバラに解いて、その裏で習字を始められた。友人が「惜しい、惜しい」と言うと、先生は何でもないように、「百読は一写に如かず、覚える為に写したのだから、頭に入れてしまえば、もう用はないよ。」と言われた。一同感心しない者はなかったという。
 師範学校卒業にあたって、先生は総代として答辞を読まれたが、それは非常な名文で、漢詩で書かれてあった。
 また、在学中、大切な学科のノートを親友の浦尾惟正氏のもとに送り、浦尾氏はそれによって教員検定試験に合格したと言われている。これもまた先生の友情の深さを物語る話である。
 師範学校卒業後は、東宇和郡柳郷小学校をはじめ、卯之町、宇摩郡三島、喜多郡大洲等で訓導を勤め、東宇和郡予子林では校長となられた。当時の簡野先生は、和服に下駄、それに流行の山高帽で、颯爽としておられたという。
 明治二十一、二年頃の教育界は、すべて欧米崇拝で、師範学校の寄宿舎の食事も洋食で、パンと肉類。小学校の教科に唱歌と体操が加えられ、小学校教員はすべて洋服を着ること、と言う命令が出された。この命令に頑として反対したのが先生であった。
県の役人が何と言っても洋服を着用せず、「日本には日本の風習がある。外国の風習に従う必要はない。」「唱歌よりは詩吟の方が、どれほど意気を奮い立たせるかわからない」「体操よりも、昔からの柔道・剣道の方が心身の鍛練になる。」と自分の信ずる道を述べて曲げられなかったという。頑固だ、古くさい等の悪口を言う者もあったが、とにかく欧米崇拝主義に対して、国の将来を心配する先生の気持ちが察せられる。


*註  「荘子」中国の周の時代の思想家及び彼が残した書物の名

※吉田町立図書館作成より転載