卒業生メッセージ

蒲田保育専門学校への入学を考えている皆さんへ、学校生活や保育の現場についての先輩からのメッセージです。

「おねえさん先生」から本当の先生へ

E・Aさん

 幼い頃からの夢だった保育者になるために、どの学校を受験するべきか迷いました。悩んだ結果、2年間で免許を取得することができる上に、隣接している「ふぞく幼稚園」で週に1回実習することができる蒲田保育専門学校を選びました。授業で作った制作物・習った歌やピアノなどをすぐに現場で実践することができるのは、この学校の大きな魅力です。また先生方もとてもアットホームで親身になって学生の相談に乗ってくれます。実習など大変なこともありますが、同じ夢や目標に向かって一緒に頑張る仲間たちと、それを支えて下さる先生方と過ごす2年間は、今思い起こしてもとても充実したものでした。
 現在、幼稚園で働いていますが、この学校で学び培ったことを最大限に活かして仕事に取り組んでいます。そして、子どもを預かるという責任感とそのやりがいを感じながら、毎日楽しく過ごしています。

“命を預かる仕事”という自覚を持って

M・Oさん

 蒲田保育専門学校は2年間で、「幼稚園教諭二種免許」と「保育士資格」が取得できます。高校卒業後、進学先として、大学か専門学校で迷っていましたが、即戦力として働きたかった為、この学校を選びました。現役の先生のお話を、直接聞かせていただける機会も多く、未来の自分の姿と重ね合わせられました。在学中は同じ夢を持つ友人と、春の研修合宿や、保育研究発表会を通して、座学では学ぶことのできない貴重な経験をしました。
 現在は多摩川のほとりの温もりある保育園で、1歳児の担任をしています。就職して2年が経ちますが、大切な命をお預かりする責任を日々強く感じています。大変なこともありますが、子どもたちの成長を間近で見ることができ、保護者の方と共有できる喜びはかけがいないものです。こうして頑張り続けられることができるのも、蒲田保育専門学校での学校生活があったからだと思っています。これからも自分にないものを吸収して、子どもたちの笑顔に繋がる保育をしていきたいです。

子どもたちと一緒に成長していく自分

H・Tさん

 蒲田保育専門学校を卒業して、現在はふぞく幼稚園で年少クラスの副担任をしています。常に子どもたちの声が溢れるこの学校では「おねえさん先生」として、毎日のように子どもとコミュニケーションをとることができます。年間を通じて触れ合うことで、近い将来本当に「幼稚園の先生になる」ということをイメージしながら学習することができます。
 1番不安だったピアノについても、個人レッスン室で好きな時間に集中して練習ができました。先生方は難しい曲でも丁寧に教えてくださるので、その技術は今でも重宝しています。
 毎日子どもたちの笑顔や言葉に元気をもらいながら、自分も今後、子どもたちと一緒に成長して行きたいと思っています。

「子どもの距離」が縮まります

H・Kさん

 私が中学生の時に弟が生まれ、年齢が離れていることもあり母と一緒に弟の面倒を見てきました。心と身体の成長を身近に感じ、その素晴らしさを伝えることができる職業に憧れて保育士を目指しました。
 学校生活を送る中で感じる魅力の1つに「子どもとの距離感」があります。週1回のふぞく園実習は、毎週同じクラスに入るので、1年間を通して子どもたちの成長する過程を肌で感じることができます。また、ふぞく保育室のアルバイトでは、実習や学びの中で疑問に思ったことを直接先生方にアドバイスを頂くことができ、知識・技術の向上へとつなげることができます。
 これまでの経験を活かし、子どもと正面から向き合い、1人ひとりに寄り添いながら信頼される保育士を目指したいと思います。

オープンキャンパス