コミュニケーション・ゲーム

蒲田保育専門学校の選べる5科目「コミュニケーション・ゲーム」


担当講師:道廣 英彦

コミュニケーション・ゲーム

授業の内容

本授業では、レクリエーションの定番とも言える「ゲーム」「ソング」「ダンス」をはじめとする様々なコミュニケーション・スキルを身につけていただくばかりでなく、「グループワーク・トレーニング」や「ホスピタリティ・トレーニング」といったグループ活動の演習も織り交ぜながら、チームワーク力を高める実践的な手法を学んでいただきます。

この授業内容・技術を習得することで「こんな場面で役に立つ」ということ

レクリエーションを学ぶことで、自分自身も大いにリフレッシュすることができるとともに、コミュニケーション能力がアップされるので、自分自身の社交性の高まりも期待できます。
またレクリエーションは、ご高齢の方や障がいをお持ちの方の介護予防やリハビリを目的としたツールとしても用いられるので、学習の成果は、楽しみや親睦だけでなく対象者の身体的、精神的な健康づくりのお手伝いができるなど、年齢を問わず、いろいろな場面(保育・介護・世代間交流etc.)で役に立つことでしょう。

授業を行う上で、学生たちに伝えたいこと

レクリエーション(Recreation)は、ラテン語を語源とする造語で「再創造」という意味です。レクリエーションは、人を元気にします。
みなさんは、とても面白い映画に出会って「ねぇねぇ、すっごくよかったから今度一緒に観に行こうよ!」ってお友だちに熱く語った経験はありませんか?
同じように「レクリエーションは楽しい!」を伝えるには、自分自身がほんとうに「楽しい思い」をすること、「熱い気持ちになること」が重要です。授業では、まずご自身が思いっ切り楽しんでください。そして「その思い」、「楽しい!」をみんなに伝えましょう。

 

オープンキャンパス