HOME > 教育・進学指導 > 卒業生の声
教育・進学指導
卒業生の声
蒲田女子を選んでよかった!
M・Oさん
蒲田保育専門学校ふぞく幼稚園 教諭

私は幼い頃から幼稚園教諭になりたいという夢がありました。その夢を実現するために蒲田女子高校に入学し高校・専門学校の5年間で実践的なことを学びました。ふぞく幼稚園での実習では大好きな子ども達とかかわることができ充実した学校生活を送ることができました。そして今は自分の夢が叶い幼稚園教諭になりました。毎日明るく元気な子ども達からパワーをもらいながら楽しい日々を過ごしています。
念願の小学校教諭になれました!
M・Mさん
横浜市小学校教諭

現在、5年生の担任として、日々子どもたちの可能性を信じ、サポートすることにやりがいを感じています。高校時代は、3年間バレーボールに打ち込み、本気で人や物事に向き合うことの大切さなど、技術以上に人間性も鍛えられました。蒲田女子は、熱い先生方が多く、大学受験の際など私達の力を信じて全力でサポートしてくれました。また、女子校ならではのクラスの団結力で行事にも熱心に取り組み、一生の友人たちと出会う事ができました。高校時代に培ったものが私の教育の核となっています。
念願の栄養士になりました!
H・Tさん
栄養士(保育園勤務)

入学当時は、将来何になりたいか漠然としていたのですが、友達と一緒に勉強していくうちに調理することが「楽しい!」と感じました。食物調理技術検定1級にチャレンジし、努力の末、取得することが出来ました。そして、栄養士という仕事に興味を持ち、食と健康の大切さを考えるようになりました。確かな目標が決まっていなくても、楽しみながら学び・考える事ができた日々は私にとって大事な時間でした。今は夢が叶い、保育園の栄養士として、がんばっています。
文武両道の高校生活を送りました!
M・Sさん
本校家庭科講師

現在、母校で家庭科の講師をしています。中学時代は勉強が苦手でしたが、蒲田女子に入学してからは、先生方が熱心に教えてくださり、一番苦手だった数学も「楽しさ」を知ることができました。また3年間所属した吹奏楽部では、部長として全体やパートをまとめること、後輩に教えることの難しさを痛感すると共に、わかってもらえた時の喜びを感じることも多く、人に教える仕事がしたいと思うきっかけになりました。
勉強や部活の楽しさをより伝えられる教師を目指して、これからも頑張りたいと思います。
“思いやる心”が自然と笑顔にしてくれる
H・Fさん
看護師(大学医学部附属病院勤務)

幼い頃から看護師になることが夢でした。医療福祉講習では、看護師の役割の一部を体験する事ができ、看護という仕事の現実を知ることができました。今、看護師として働いていますが、患者さんを看護するには責任感と知識が必要です。勉強の習慣やプレッシャーを乗り越える力が高校生活で身についた思います。蒲田女子高校では様々な体験を通して、看護師に必要な力を養うことができます。将来の夢に対する強い心を持ち、自分を信じて頑張ってください。
更なる目標に向かって、頑張っています!
N・Tさん
作業療法士(リハビリテーション病院勤務)

大学ではリハビリテーションの道に進みましたが、高校で学んだ医療福祉等の基礎知識が大いに役立ちました。国家試験に合格し、夢を叶えた今でも高校の友人や先生方と連絡を取り、時には相談にのってもらっています。在学中も卒業後も先生とのつながりが強いのが蒲田女子高校の良いところだと思います。中学生の皆さん、夢を実現する環境がここにはあります。目標や夢を持って過ごし、自分自身と向き合い、充実した3年間を過ごしてください。
英語教諭目指してがんばっています!
M・Nさん
早稲田大学大学院教職研究科

現在、英語教諭を目指して教職大学院で勉強中です。もともと英語が苦手だった私が教員を目指そうと思ったのは、蒲田女子の先生方がいつも親身に向き合って下さる姿を見てきたからです。出来なかったことが出来るようになる楽しさを、吹奏楽部や大学受験を通して学びました。高校時代の「学ぶことは楽しい」という教えを大切にし、私も教員として生徒に伝えられたらと考えています。
女子プロ野球チームで活躍中!!
中平千佳さん
埼玉アストライア

小学時代から軟式野球をやっていましたが、硬式野球への憧れから硬式野球部のある蒲田女子高等学校に進学しました。今は女子プロ野球リーグの埼玉アストライアに在籍しています。昔からの夢だったプロの野球選手になれ、日々野球で頑張れるきっかけをくれたのは、蒲田女子での3年間です。
女子野球を目指す人の目標となるプレイヤー、更なる女子野球の発展を目指して、努力して行きたいと思います。