沿革

HISTORY

 本学園は、学祖簡野道明先生の遺志により設立された由緒ある学校です。
 簡野道明先生は、東京府師範学校(現 東京学芸大学)教諭、東京女子高等師範学校(現 お茶の水女子大学)教授を歴任された教育者であり、また漢文学者として、数多くの検定漢文教科書や注釈書、漢和辞典『字源』等の辞典を執筆された近代漢文教育のパイオニアでもありました。
 先生はかねてから「子どもの教育にもっとも大切なのは母親であり、その母親となる女性の教育こそ教育の根本である」との教育観を持ち、合わせて自己の著作による財産をいつか広く社会に還元しようと考えておられました。
 その遺志を達成するため、夫人の簡野信衛先生によって昭和16年4月、学祖 道明先生の「人間生活を律する根本の筋金は道徳なり」とのお考えに基づく、道徳・しつけ教育に重点を置き、自立する女性の育成を目指し、蒲田高等女学校が設立されました。
 昭和23年の学制改革により、蒲田女子中学校・高等学校と改称。その後、昭和30年にはふぞく幼稚園を開園。また昭和48年には蒲田保育専門学校が開校され、より総合的な女子教育・幼児教育の実現のため、学園環境を整備・発展させています。
  • 学祖
    簡野道明先生
  • 創立者・初代理事長
    簡野信衛先生
  • 創立当時の
    正面玄関

年譜

1941
財団法人(現学校法人)簡野育英会を設立し、
旧制・蒲田高等女学校を開校
初代理事長 簡野信衛就任
1945
第二代理事長 簡野よし就任
1948
学制改革により、蒲田女子中学校・高等学校発足
1954
蒲田女子高等学校附属幼稚園を開園
1973
お茶の水女子大学指導、
文部大臣指定幼稚園教諭養成機関として
蒲田保育専門学校を開校
初代校長 田波又男就任
校歌制定
1976
学校教育法の一部改正により、教育専修学校へ移行
1978
新校舎完成
1983
第二代校長 杉村親一就任
創立十周年式典を挙行し、記念誌を発行
校章決定 後援会発足(初代会長 小林一郎氏)
同窓会発足(初代会長 渡具知幸子氏)
1984
学生会発足
学報発行
1985
研究紀要発行
1986
厚生大臣より保母養成機関の指定を受ける
1987
第三代理事長 神山信夫就任
1989
校旗制定
1990
蒲田女子高等学校附属幼稚園を本校附属幼稚園に変更
1991
後援会 第二代会長 佐藤茂氏就任
1993
創立二十周年式典を挙行し、記念誌を発行
1998
第三代校長 簡野高道就任
創立二十五周年祝賀会を開催し、記念誌を発行
1999
後援会 第三代会長 松原茂登樹氏就任
2004
創立三十周年式典及び祝賀会を挙行し、記念誌発行
2007
第四代理事長 簡野高道就任
2009
第四代校長 佐藤慶一就任
2012
簡野育英会がドイツ・フレーベルセミナー校と
友好合意書を締結する
2013
研究紀要四十周年記念号 発行
2014
教員免許更新講習の実施認可校となる
2015
研究紀要第四号 発行
2016
第五代校長 簡野裕一郎先生就任
第六代校長 菊地涉道先生就任
蒲田保育専門学校ふぞく北糀谷保育園を開園する
第二回ドイツフレーベル研修
研究紀要第五号 発行
2017
蒲田保育専門学校ふぞく糀谷駅前保育園を開園する
2019
蒲田保育専門学校ふぞく六郷保育園を開園する
第三回フレーベル研修